【バレない】ナチュラルメンズメイクのやり方とおすすめ化粧品紹介

メンズ美容

ナチュラルメンズメイク歴4年の僕が、男の子の化粧について解説します

この記事を読むメリットとして

  1. どの化粧品を買えばいいかわかる
  2. 化粧の手順がわかる
  3. 肌に対するコンプレックスが軽減する

以上のことが上げられます

化粧品の紹介、使い方を早く知りたい方は目次から飛ばしてください

目次を見るだけでも手順がわかるようになっています

筆者の化粧遍歴

私は22歳男性です。小さいころからニキビがひどく、思春期ニキビを卒業しても、
赤みがあるニキビ跡の肌にコンプレックスを持っていました

そこで肌を良く見せようと多くの化粧品を買っては失敗を繰り返していました

当然メイクに馴染みはなく、YouTubeで女性のメイク動画を見ても参考になる気がしません

とりあえずLOFTでメンズ用のファンデーションを買ってみたことが、僕のメイクの第一歩でした

しばらく使っていましたが、洗顔してそのファンデーションを塗るだけだったので
当然満足する仕上がりにはなりませんでした

その後、化粧品について調べたのですが

化粧品の数や種類は多く、同じようなものでも名前が違ったりとわからないことだらけでした

商品を買って試したり、化粧についての調べ物をするうちに

下地の存在を知ったり、BBとCCの違いや、フェイスパウダーの重要性など経験から多くのことを学んできました

今では、これだ!と思う化粧品に出会い、満足する仕上りが作り出せます

毛の処理をする(眉毛、顔の産毛)

化粧をする前に毛の処理から行いましょう

眉毛

眉毛は顔の印象に大きく影響します

眉毛がぼさぼさでメイクなんて早すぎます

眉毛の整え方はググるなりYouTubeなりで勉強しましょう

私は目と眉毛の位置が離れないように上部分を剃ります
曲線を描くように整えるのではなく、並行を意識して整えます

イメージがわかない人は並行眉で調べてみてください

顔の産毛

産毛の処理も大切です

産毛の処理によるメリットとしては

  • 顔のトーンが上がる
  • 化粧ノリがよくなる

放置した顔の産毛を剃ってみるとわかりますが結構生えてます。。。

産毛を処理してワントーン明るい肌を手に入れましょう

毛があったら均等に化粧が塗りにくいですよね

化粧にムラができることで化粧崩れを引き起こします

産毛の処理は髭を剃るような3枚刃みたいなカミソリの使用は控えましょう

フォルムガードって言うらしいんですけど
写真のような肌に優しそうなやつを選ぶようにしてください

洗顔、スキンケア

続いて洗顔です

洗顔は泡立てネットを使ってしっかり泡だてることをおすすめします

ネットじゃなくても泡がたてばOKです

油脂を取りすぎるから朝の洗顔はやめたほうがいいという考えもありますが
僕はしっかり洗顔しちゃいます

顔をしっかりきれいにしてから化粧をしたいという気持ち的なところが大きいですね

乾燥が気になる人は乳液を塗りましょう

洗顔が終われば、化粧水を肌に浸透させるように塗ります ここが結構重要です

メイク持ちや馴染みが良くなります

しっかり浸透させることで仕上がりが、今日いい感じじゃんってなります

いつも使うより多めにじっくりと塗ってあげましょう

そして次はハトムギの保湿ジェルを塗ります

化粧水→ファンデーションはだめです

僕もそうでしたが初心者にありがちなことだと思います

メインになりそうなファンデーションを買って、
とりあえず使いたくなるのはわかるのですが、土台が大事です

こちらも肌に浸透させるようにじっくりぬります

ハトムギのこれじゃなくてもオールインワンジェルとか美容液とか書いてあれば大丈夫です

下地

いよいよメイクっぽくなります
次は化粧下地です

下地は

  • ファンデーションのノリを良くする
  • 肌の負担を軽減する
  • 毛穴を守る
  • 皮脂を抑えて化粧崩れを防ぐ

など、多くの役割があります

私が使っているのは
キャンディードール ブライトピュアベース〈ミントグリーン〉です

肌の赤みが気になるのでカラーベース下地を使用しています

補色で調べてみるとわかりますが
緑と赤は対の関係なので赤みが抑えられます

化粧下地を日焼け止めで代用する人も多いです

塗る目安は次の項目に写真があります

こいつを顔全体に塗ってあげてメイクの準備は完了です

ファンデーション

ファンデーションを調べるとBBクリームとかとCCクリームとか出てきますが

実際、使用感に違いはないと思います

BBとCCの違いというよりも、BBとCCは仲間でファンデーションに下地とか日焼け止めとか混ざってて下地にしてもいいよみたいなやつです

下地にしてもいいということはつまりナチュラルに仕上がるということです

私は雪肌精のCCを溺愛しています

雪肌精は男の子でも聞いたことがある人もいるのではないでしょうか

ファンデーションを選ぶうえで色(明るさ)には気を付けましょう

明るい色を選ぶと首との境界線が強調されます

一般的な肌の色の男の子は02番でいいと思います

使う量はこんなもんです

ちょろっと出すだけでいいです塗りすぎ禁物

塗り終わった後にティッシュオフしましょう

余分な油分はテカリにつながります

コンシーラー

こいつはニキビなどの気になるところにワンポイントで活躍します

私は眉毛を剃った部分が青くなるのが嫌なのでそこにピッと塗って指でなじませます

私が使っているのはこちら

メンズアクネバリア 薬用コンシーラー ナチュラル

こいつはスティックタイプで使いやすいです

薬用とあるので肌にまだ優しそうです

フェイスパウダー(粉をはたく)

仕上げに粉をはたきます

使うのはこれです

ベビーパウダーです

こいつは神です。しかも安いです。
私は洗顔にも混ぜて使ったりします

粉をはたかないとまじでテカリます

化粧をして時間が経って皮脂がでてきたらもう大変なことになります

しかし、こいつがあれば皮脂が出てもうまくなじむのです

もはや化粧が終わって3,4時間たった顔の方が調子がいいです

パフはついていないので自分で買いましょう

ダイソーとかでも手に入ります

はたきすぎるとしっかり白くなるのでこれも抑えめにしてください

とりあえずはこれで終了です
おつかれさまでした

一般的にはベースメイクになるのですが
ナチュラルメンズメイクはここまででやめておきましょう

アイメイクとか余計なことはしなくていいです

番外編:髪の毛が明るい人向け

髪の毛が明るい人は眉毛の色にも気を使いましょう

金髪で眉毛が黒いのはださいと感じてしまいます

眉マスカラを使うことで眉毛の色を変えることができます

リンクは守備範囲の広いアッシュブラウン

眉マスカラはドンキとか薬局で試すことができるので自分の顔のバランスが合う色にしましょう

メイク落とし

メイクをしたらしっかり落とさなければなりません

クレンジングオイルを使いましょう

クレンジング→洗顔です

僕はオイルタイプの方が落とせてる感があって好きです

おわりに

最後まで読んでいただきありがとうございました

ここで紹介したものをそろえて使用していけば男子メイク初心者を卒業できます

塗り方や量は経験から学ぶことが多いので試行回数を増やしてみてください

コメント

タイトルとURLをコピーしました