【シリーズ6】s10,11からのヒヒダルマ対策5選|ポケモン剣盾

ポケモン

常に環境に一定数存在するガラルヒヒダルマ

その火力の高さから選出画面での圧力が強いポケモンです

シリーズ6から使用率上位のポケモンが使えなくなりますが

ヒヒダルマはその制限にかからず継続して使うことができます

環境の大きな変化から

ヒヒダルマ入りの構築が増えると考え

対策ポケモンたちを紹介していきたいと思います

ヒヒダルマが増える理由

特性ごりむちゅうの圧倒的高火力は言うまでもありませんが

環境に増えると予測されるパッチラゴンに対して隙を見せない点が強いです

準速で素早さ実数値147と最速パッチラゴンより早く

無振りダイマパッチラゴンに対して

いじっぱりA252つららおとしで83.6%~98.7%のダメージ

大ダメージを押し付けていけます

ヒヒダルマ対策ポケモン

ごりむちゅう×はちまきの火力特化型も考えると

なかなか受け出しができるポケモンがいません

しかし、S+1パッチラゴンを抜けるスカーフの方が環境には多そうです

ヒヒダルマの対策ポケモンを5体紹介していきます

ハッサム

いじっぱりA252テクニシャンハッサムのバレットパンチで

耐久無振りヒヒダルマに確定1発(101.1%~120%)と

縛っていけるポケモンです

初手で対面したら圧倒的に出し勝ちです

ローブシン

ハッサム同様、先制技で縛っていけます

特性てつのこぶし火力特化でたつじんのおびを持たせれば

耐久補正無しヒヒダルマにマッハパンチで確定1発(101.1%~121.1%)

特性こんじょう発動状態でも当然確定1発です

ドヒドイデ

タイプ一致のつららおとしを半減で受けれる高耐久ポケモン

サイクルを回して読まれ

地震が飛んでくると簡単に崩されてしまうため注意が必要です

ミロカロス

特性ふしぎなうろこかえんだまを持たせることで

圧倒的物理耐久を上げることができます

元からB種族値が高いポケモンではなく

かえんだまは、ターン終了時にやけど状態になるため

1ターン目は自己再生から入った方がいいかもしれません

ウインディ

威嚇を撒けて氷技を半減で受けれるポケモン

いじっぱりA252ごりむちゅう鉢巻の火力特化ヒヒダルマのつららおとしも

威嚇でAが下がっていればHBウインディで

確定4発、乱数3発(28.9~34.5%)と

このラインまで受けることができます

まとめ

ガラルヒヒダルマは

パッチラゴンメタとして環境に増えてきそうです

対策としては以下のポケモンたちを紹介しました

ハッサム、ローブシン、ドヒドイデ、ミロカロス、ウインディ

対策の参考にしてみてください

コメント

  1. […] 【シリーズ6】s10,11からのヒヒダルマ対策5選|ポケモン剣盾 […]

タイトルとURLをコピーしました