新品の革靴の手入れ方法を紹介 ドクターマーチンで実践

ファッション

先日、Dr.Martens(ドクターマーチン)を購入しました

ドクターマーチンは5足目になります

しかも、オーソドックスなこの3ホールは2足目という

革靴だいすきマンです

この3ホールを買ったのが4年前とかで

手入れを全くしていなかったので

1から育てたくて購入しました

そんな私が行う新品の革靴の手入れ方法を紹介したいと思います

お手入れ方法

お手入れ方法を7ステップで紹介します

所要時間は20分くらいですかね

靴ひもを外す

まず、靴ひもを外してあげましょう

新品でもほこりが溜まっていることがあるので

しっかり取り除いてあげましょう

細部までケアしてあげる感も出てよりグットです

シューキーパーを入れる

お手入れをしやすくするために

シューキーパーを入れてあげましょう

シューキーパーとは以下のような靴の形を整えるものですね

しかし、新品の靴のお手入れなので、まぁなくても大丈夫です

今後の保管やお手入れで大活躍するので

ない人は買っておくべき商品です

湿気で皮が割れてしまうため湿気対策になる木製のものがおすすめです

拭く(ほこりを払う)

まずはほこりを払うところからです

この後の過程のためにしっかりほこりは払っておきましょう

私はいらないタオルで拭いちゃいます

もともとついていた古くなったクリームを落とす意味もあります

クリームを塗る

革靴は保湿してあげなければ

こんなふうに履きじわにヒビが入ってしまいます

しっかりクリームを塗って保護、保湿してあげます

クリームにも種類がありますが

乳化性クリームを塗ってあげれば間違いないです

乳化性クリームは栄養を補う

油性クリームは光沢を出すみたいなイメージでいいと思ます

乳化性クリームでもある程度光沢が出て扱いやすいので初心者は持っておきたいです

クリームについてはこちらの記事で詳しく書いています

皮製品の万能お手入れクリーム解説【初心者はこれ1つで解決】

防水スプレーをかける

防水スプレーは信用できるものにしましょう

下手な防水スプレーを使うと

まだら模様のような変な跡がつきます

しっかり離してスプレーしてあげることも重要です

信用できる防水スプレーなんてないよ!って人は

以下の買っておけば間違いはありません

鞄とか傘とかにも使えて防水スプレーは便利です

中敷を入れる

中敷は入れてあげましょう

革靴は運動靴と違って水でゴシゴシ洗えません

底の劣化と匂い防止のためですね

靴屋さんでは革靴は革の底がいいと言っていました

クッション性のある中敷だと

浮いてしまって靴本来の形にフィットしないとのこと

私はインナーソールを入れがちで

気にしないので適当なの買っちゃいます

シークレットインナーソールの記事はこちら

【身長6センチアップ】シークレットインナーソールはバレない?履き心地は? 

靴紐を通す

靴ひもの通し方で靴の表情が変わります

調べたらたくさん出てくるので自分好みの結び方を選びましょう

私はまっすぐな奴にしました

完成です!

お疲れさまでした

さいごに

革靴は育てていく楽しみがあってはまってしまいます

新品の靴を下す前にお手入れをして

きれいに美しく長持ちさせましょう

いい感じに育った靴で生活することで気分が上がります

コメント

タイトルとURLをコピーしました