自分に合った飲食店アルバイトの選び方

仕事・アルバイト

飲食店アルバイトの忙しさはまちまちです

目が回るほど忙しいお店もあれば、お客さんが全然入らない暇なお店もあります

さらに情報を追加すると

目が回るほど忙しいのに時給1000円の店もあれば

お客さんが全然入らず暇なのに時給1200円のお店もあるのです

目が回るほど忙しいのに稼げないお店で働きたくないですよね

そこで今回は、私が経験してきた飲食店アルバイトで

忙しかったお店、ちょうどいいお店を

客層や立地の観点から紹介していきたいと思います

これから飲食店で働いてみようと考えている方に

店選びの参考にしていただけたら幸いです

情報の信憑性

私は4年間昼は蕎麦屋、夜は飲み屋の二毛作店で働いていました

応援で他店に行くこともあり、多くの環境で働いてきました

経験してきた環境の例を以下に挙げます

  • ビジネス街の昼のサラリーマンラッシュ店
  • 一般的な夜の飲み屋
  • イベント客でごった返す店
  • イベント会場の出店
  • フードコート

私はキッチンで働いていました

基本的には店が忙しければキッチンもホールも忙しいのですが

キッチンは暇だけどホールは暇ということもあります

その場合も紹介していくのでキッチンでもホールでも参考になると思います

このように様々な経験をしてきた私が

経験したことをベースに紹介していきたいと思います

昼のサラリーマンラッシュ店

これは結構きついです

昼のサラリーマンラッシュは回転率が高い(食べたらすぐ出る)ため

次から次へとお客さんが入っていきます

メニュー数が多ければ多いほど大変です

昼にサラリーマンがあふれるお店ではメニューの数をチェックしましょう

一般的な飲み屋

無難に飲み屋はおすすめできます

忙しい金曜日でも満席になってしまえば居座ってくれますし

コース料理があれば出るものは決まっているので楽です

コース料理の有無を確認しましょう

しかし、ここでキッチンとホールの忙しさに差が生まれます

キッチンはコース料理だと出すものが決まっていますし

出したらすることがありません

しかし、ホールはドリンクで忙しいです

一般的な飲み屋ならばキッチンで働くことをおすすめします

近くにイベント会場がある店

当然目が回るほど忙しいです

特にイベント前とイベント後ですね

時間が遅いイベント終わりのお客さんを拾うと

帰る時間が遅くなることを覚悟しましょう

しかし、イベントがない日はとても暇なんです

需要は低く雇ってくれるかわかりませんが

イベントのない平日などに働くことはおすすめです

イベントの出店

イベントの出店はそんなにつらくない印象です

しかし、私は忙しかった思い出が1日だけあります

それは、夏場の子供をターゲットにしたイベントです

めちゃくちゃかき氷売れます

ひたすらにかき氷を作り続けたあの日はさすがに大変でした

がやがや雰囲気で売り子をすることが苦でないならいいと思います

あと余ったフードがたくさんもらえます

フードコート

大型ショッピングモールのフードコートと

小さいショッピング施設のフードコートを経験してきました

大型ショッピングモールは初売りの忙しい時期も経験しましたが

そんなに忙しくありません

注文をすましたお客さんにはゲストレシーバーを持ち店頭で待つ必要がないため

お客さんが待っているというプレッシャーが少ないのから焦りがないのかもしれません

しかし、洗い場は返却口をためないようにしないといけないので

スピードは求められます

最後に

人によっては忙しいほうが時間が過ぎるのが早く感じてよいという人もいると思います

自分に合った店選びの参考にしてみてください

コメント

タイトルとURLをコピーしました