新生活で発見した新しい便利とは

生活用品

4月から新生活が始まった人も多いのではないでしょうか?

僕もその中の一人であり、だいぶ生活に慣れてきました

新生活から身の回りの生活用品も大きく変化し、そこには新たな発見がありました

今回はそんな発見から、トイレの便利をシェアしていきたいと思います

新たに発見した便利とは?

新生活が始まり新たに発見した便利は

2連のトイレットペーパーホルダーです

こんな些細なもので便利が実感できることは少ないと思います

これから2連トイレットペーパーホルダーの良い点を挙げていきます

トイレットペーパーが切れた!がなくなる

トイレットペーパーがなくなる予兆から使い切るまでのスピードは光の速さです

コロコロと使っているうちに一周の長さが短くなるので当然ですが

ここで一つ計算をしてみたいと思います

円周=2×半径×π(3.14...)

円周の公式ですね

新品トイレットペーパーが直径10センチとし
使い切り間近のトイレットペーパーを直径5センチとすると

新品1ロール 約30センチ 使い切り間近1ロール 約15センチ

新品と使い切り間近では1ロールに2倍の差が生まれているのです

数字で見ると大きいですよね

これは後半のなくなる速度も頷けます

1連のトイレットペーパーホルダーだと次のストックラインが曖昧です

しかし、2連のトイレットペーパーホルダーの場合は
ストックラインが1連のスタートラインになるのです

この安心感は間違えありません

トイレットペーパーのストック場所に困らない

トイレは狭い空間であり収納場所が限られています

ユニットバスだとなおさらではないでしょうか?

買い溜めたトイレットペーパーを後ろに積み上げるのはお洒落ではありません

しかし、ストックはトイレ内にしておきたいですよね

2連トイレットペーパーホルダーならばそんな問題も解決できます

ストックはホルダー内で完結し、
ほかのストックは押し入れにでも閉まっておけばいいのです

ちょっとした物置スペースを確保できる

2連トイレットペーパーは上部に台がついていることが多く
携帯などを置けるスペースが確保できます

1連のはそもそも台がついていることが少ないのです

私が以前使っていたものも
使い始めはトイレットペーパーの厚みでものが置けるのですが

使い切り間近は傾いて安定性がありません

しかし、どれだけ使っていようと
たとえ何もなかろうと台付きはスペースの確保がされています

まとめ

2連トイレットペーパーホルダーのメリットとして

  • 安心感
  • ストック場所の確保
  • 空間の創造

以上の3点が挙げられます

また生活環境が変わるときには、継続して使いたい商品です

生活にちょっとしたゆとりをプラスしてみてはいかがでしょうか

コメント

タイトルとURLをコピーしました