【シリーズ6】s10,11からのウーラオス対策5選|ポケモン剣盾

ポケモン

シリーズ6から一部のポケモンたちの使用が制限され
新しい環境でのランクバトルが始まります

使用率上位のポケモンが制限される中

ウーラオスは一撃の型と連撃の型別のポケモンとして扱われ

その制限をかいくぐってシリーズ6でも引き続き使用できます

そのため、環境にウーラオスの割合が増えると予測し

シリーズ6でのウーラオス対策を紹介していきたいと思います

ウーラオスの強い点

選出画面で型がわからない

選出画面で一撃の型か連撃の型かわからなく

実質7体のポケモンを想定して選出を決めなければなりません

強い専用技

連撃の型の専用技「すいりゅうれんだ」

一撃の型の専用技「あんこくきょうだ」

このどちらも確定急所技になっています

単純に火力が高いだけでなく

自分のデバフや相手のバフを無視して攻撃することができます

「すいりゅうれんだ」は水タイプの3連続攻撃であり

きあいのタスキを考慮する必要がないという強みがあります

ウーラオス対策ポケモン

ウーラオスは選出画面で一撃、連撃と型がわからず

それぞれタイプが異なり弱点も違います

連撃の型の弱点
飛行フェアリー、エスパー、電気、草

一撃の型の弱点
フェアリー(4倍弱点)、飛行、格闘

飛行とフェアリー弱点は共通しています

ドヒドイデ

火力に特化していないウーラオスのならドヒドイデで受けることができます

弱点を突かれる技もかみなりパンチと威力の高い技ではありません

トーチカはウーラオスの特性ふかしのこぶし

貫通してしまうので注意しましょう

ファイアロー

ファイアローの特性はやてのつばさ

HPが満タンの場合、飛行タイプの技を先制で打つことができます(優先度+1)

特性が発動していなくても素早さ種族値126とウーラオスより速いため

ある程度圧をかけれるポケモンかなと感じます

サザンドラ

素早さ種族値がウーラオスより1だけ高く

最速スカーフで確実にウーラオスの上から殴れることができます

性格補正無しC252サザンドラの流星群で

耐久無振りウーラオスに対して92.5~109.7%乱数1発56.2%

ストライク

S105とそこそこ速く

特性テクニシャンと教え技のダブルウイングの相性がとてもよいです

性格補正無し、A196のダブルウイングで

耐久無振りウーラオスを確定一発で仕留められます

ポリゴン2が使えなくなるため余った輝石枠に使ってもよし

鉢巻で火力を上げてもよし、スカーフを持たせてもよしと

環境ではあまり見ませんがポテンシャルが高いポケモンだと感じます

マリルリ

マリルリは水、フェアリーとタイプ相性が良く

ウーラオスのタイプ一致技、水、悪、格闘を半減で受けられます

特性ちからもちで高火力の反撃ができます

まとめ

ウーラオスの対策ポケモンとして

ドヒドイデ、ファイアロー、サザンドラ、ストライク、マリルリ

の紹介をしました

個人的にはストライク、マリルリあたりをパーティーに組み込んでいきたいです

コメント

タイトルとURLをコピーしました